DHAEPAのチカラ

MENU

ガンと脂肪酸との関係

DHAやEPAが、ガンの予防や転移の予防に効果があると言われています。ガンというのは、脂肪酸が原因となっている可能性があるのですが、DHAとEPAも脂肪酸の1種です。

いったいガンと脂肪酸は、どのように関係しているというのでしょうか?ガンを予防できるのであれば、DHAとEPAを摂取するのはとても有効だと言えるでしょう。では、摂取してはいけない脂肪酸というのは、一体なんなのでしょうか?

ここでは、脂肪酸とガンの関係や、ガンの予防効果などについて詳しくご紹介をしていきたいと思います。

脂肪酸がガンの発症率を上げる

ガンの発生原因というのは、様々ありますが遺伝的要因が含まれていることも事実です。日本人の食生活はここ数十年で激変しており、動物性脂質の飽和脂肪酸や、リノール酸の摂取量が急激に増えています。このような背景から、大腸がんや乳がんが劇的に増加しています。

動物性脂質(飽和脂肪酸)を摂取しすぎると、ガンになるという話はとても有名です。ただ、植物油でも「オメガ6脂肪酸(リノール酸など)」に分類される脂肪酸を、たくさん摂取していると、ガンの発症原因になる可能性があります。

リノール酸を摂取しすぎると、アラキドン酸過剰という状態になって、細胞をガン化させるプロスタグランジンなどの物質を、たくさん生み出してしまうのです。

ガン予防にはオメガ3脂肪酸!

オメガ3脂肪酸を摂取すると、ガンを予防できるというのは、疫学調査でも明らかになっています。ヨーロッパの24か国を調査した結果、食事で摂取する動物性脂質のうち、魚油の占める割合が多い国は、大腸がんと乳がんの死亡率が低い事が分かりました。

さらに、フィンランドで行われた調査結果では、閉経後に乳がんになった女性と、同では無い人を比較すると、食事からDHAとEPAを摂取していた量が少なく、乳房の組織の中のDHA含有量が少なかったそうです。

このように、女性特有のガンに対してDHAやEPAなどオメガ3脂肪酸が大きく関係していると考える研究者は、とても多いです。もちろんその他のガンにも、オメガ3脂肪酸は関係しています。他にも、こんな事が分かっています。

  • 乳がん摘出組織のαリノレン酸濃度が多いほど、転移や再発リスクが少ない
  • 70歳以上の女性で、毎日魚を食べている人は、そうでは無い人と比べて乳がんの死亡率が1/4になっている。
  • 50~64歳の男性で、魚を全く食べない人は食べる人と比較して、大腸がんのリスクが70%増加している。

これは、確実にオメガ3脂肪酸がガン発症に関係しているとしか、言いようがありません。

ガンの増殖・転移を予防する効果

DHAやEPAは、ガンの増殖や転移を予防する効果もあります。

正常な細胞がガン細胞に変化するときに必要となる、「プロスタグランジンE2」の生成を、DHAやEPAが抑制する事ができます。さらにDHAやEPAは、「プロスタグランジンE2」を産生するアラキドン酸の量を減少させる作用もあります。

他にも、細胞のガン化を促進させる活性酸素を、排出させる作用がありますし、ガンの自殺を促進する作用も期待できます。このように、DHAやEPAが、ガンの予防に大きく貢献してくれることは、明らかなのです。