DHAEPAのチカラ

MENU

認知症にもDHAやEPAが関係している

DHAとEPAが脳を活性化させるというのは、多くの人が知っている事実です。そんな中で、認知症にも良い効果を与えてくれるという事が、近年分かってきました。認知症に対して、DHAとEPAがどのように作用してくれるのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

認知症の種類について

老人性認知症というのは、「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」の2種類があります。それぞれに認知症になる原因が異なっていますので、特徴を見ていきましょう。

アルツハイマー型認知症

脳全体が委縮をしてしまい、記憶を司る「海馬」の脳細胞が大きく萎縮をしてしまうことで引き起こされます。欧米で多く見られていた症状なのですが、食生活が変化したことで日本でも増加傾向にあります。

脳血管性認知症

脳梗塞やくも膜下出血などの、脳血管の病気が原因で起こる認知症です。脳の血管が詰まったり、出血を起こしたりすることで、脳細胞に酸素が行き届かなくなって、神経細胞が死滅して認知症を発症します。

認知症へのDHAとEPAの効果

アルツハイマー型認知症への効果

アルツハイマー型認知症とDHAが大きく関係しているという事は、昔から言われています。1991年には、ある調査が行われており、その報告でもDHAの関連性がかなり高い事が分かっています。

アルツハイマー型認知症で死亡した人の海馬付近にあったDHA含有量は「7.9%」だったのですが、アルツハイマー型認知症以外の理由で死亡した人の海馬付近にあったDHA含有量は「16.9%」だったのです。つまり、DHAがアルツハイマー型認知症を抑制するということが、この頃から期待されていたという事です。

最近では研究がどんどん進められており、DHAを摂取したら脳細胞をサポートするNGF(神経成長因子)の生成量が増えるという事が分かっています。このNGFというのは、アルツハイマー型認知症を改善する為に、とても効果的だと言われている注目の成分です。そんなNGFを、DHAが増やす事が出来るというのは、とても大きな発見だと思われます。

ちなみにEPAは血栓を予防する効果がありますので、DHAと一緒に摂取すれば、アルツハイマー型認知症を効果的に予防・改善できると考えられています。

脳血管型認知症への効果

脳血管型認知症になった患者さんに、半年間DHAを投与してみると「8割近く」の人に改善の傾向が見られました。

脳内にDHAを補給すると、まだ死滅せずに残っていた脳細胞が活性化されて、死滅した細胞分の働きを補ってくれたのです。かなり効果的にDHAが作用してくれているのが、分かります。

DHAには予防効果もあって、血栓を作らないようにする働きと、血圧の抑制効果が相まって、脳血管性認知症の原因である脳卒中を予防する事ができます。これで、元から認知症を根絶できる可能性が高まりました。

このように、認知症を予防・改善する効果がDHAやEPAにはあるという事が分かりました。それぞれに原因が異なる認知症ですが、どちらにも効果的に作用してくれるDHAやEPAの優れた能力に驚きを隠せません。