DHAEPAのチカラ

MENU

視力回復にも効果あり?DHAの視力に関する研究と期待される働き

視力回復効果を期待して、ブルーベリーなどのサプリメントを摂取している人がいると思いますが、それらのサプリメントには「DHA」という名前も記載されていませんか?成分表を見ると、DHAが含まれているものが多いと思います。

人間の体でいえば、脳にDHAが多く存在していると言われていますが、実は目にも高濃度のDHAが含まれているのです。

視力回復効果はどの程度のものなのか、DHAと視力の関係についてご紹介していきたいと思います。

視力回復効果について

人間の網膜にある脂肪の中には、50~60%もDHAが含まれています。つまり、目の機能や視力にDHAが欠かせない成分だったということです。

ちなみに脳細胞の中には10%、海馬には20%のDHAが存在しているのですが、海馬のDHAはとても多いと言われていました。しかし網膜の脂肪の中のDHA含有量の方が、圧倒的に多いです。つまりは、視力にも大きく関係しているという事になります。

DHAは、網膜細胞を柔らかくする作用があり、網膜の反射機能を高めていると考えられています。網膜というのは、角膜や水晶体から入ってきた光が、像を結ぶ場所なのですが、簡単に言えばスクリーンの役目を持っています。外部から入ってきた視覚的情報を、脳に認識させる情報伝達の場所でもあります。

そんな重要な働きをする網膜に、DHAが作用することで視力回復効果が期待できるのです。

ちなみに漁師にメガネの人が少ないのは、職業柄魚料理が中心になっているので、DHAをたくさん摂取しているからと言われています。確かにこれは、理にかなっていると言えますね。

DHAと視力の研究

DHAの摂取量が少ないと、視力障害が起こることも分かっています。アメリカで行われた実験では、未熟児で生まれてきた乳児を対象にDHA入りのミルクと、普通のミルクで育てて結果を比較してみる事にしました。

すると、DHAが入ったミルクを飲んでいた乳児の方が、視力が良かったという結果がでました。2か月・4か月・5か月・6か月と視力が向上していったのですが、その後は一定になっていくそうです。DHAが未熟児の子供の視力を向上させる効果が、この実験で認められたという事です。

他にも、「DHA入りの母乳」「魚油配合の人工乳」「DHAなしの人工乳」を、生まれたばかりの乳児に飲ませた結果、DHA入りの母乳と魚油配合の人工乳を飲んだ乳児は、DHAなしの人工乳を飲んでいた乳児と比較して、網膜反射能力が高くなったといいます。

ただ、DHA入り母乳も魚油配合人工乳も、継続して飲ませておかなければ、網膜の機能は落ちていく事が分かっています。つまり、DHAが目の健康を維持する為に、とても重要な役目を担っているという事が、分かります。

さらにDHAと視力の関係において、様々な実験が行われているので、興味深い結果をご紹介します。

給食にDHA入りパンを出した結果

2年間で視力1.0未満の子供の比率が、22.3%から19.0%まで低下しました。

DHA配合パンを毎日1ヶ月食べ続けた結果

視力1.0以下の4~22歳の男女に、DHA300r配合パンを毎日1ヶ月食べ続けてもらったところ、視力が改善(0.2以上)した人が11人にも及びました。