DHAEPAのチカラ

MENU

脂肪酸の種類とそれぞれの特徴、違い

脂肪酸には2つの種類が存在します。「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」です。

DHAとEPAは脂肪酸なので、まずは脂肪酸について知っておくといいかなと思います。どんな成分なのか、体にどういう影響を与えているのかを、これからご紹介したいと思います。

脂肪酸について

脂肪酸というのは、その名の通り「脂質」を作る成分のことをいいます。体の中に脂肪として蓄積された脂肪酸は、細胞膜やホルモンを生成する材料になります。

さらに、エネルギー源としても活用されていますので、人間が生きていく為には必要不可欠な栄養素なのです。しかし、脂肪酸を摂取しすぎると肥満体型になったり、生活習慣病になったりします。

脂肪酸には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」という2つの種類があります。これらは身体の中でも違った働きをしていますので、各々の働きについて詳しく見ていきましょう。

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸というのは、エネルギーをつくる作用があります。飽和脂肪酸の脂質1gから、約9kcalのエネルギーを作る事ができます。コレステロールの元になっているので、善玉コレステロールの数値を上昇させることもできます。

飽和脂肪酸は、乳製品・肉類などの動物性脂肪や、ココナッツオイル・ヤシオイルなどの熱帯植物の油脂に豊富に含まれています。人間が生きていく上で重要なエネルギー源になっており、飽和脂肪酸の摂取量が少なすぎても生活習慣病のリスクが高くなってしまうのです。

飽和脂肪酸の摂取量が少なすぎると、脳出血になる可能性が高くなることも判明しています。逆に飽和脂肪酸を大量に摂取すると、冠動脈の疾患や肥満、糖尿病になる可能性が高くなります。つまり、飽和脂肪酸は適度に摂取しておくべき脂肪酸だということです。

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸というのは、中性脂肪やコレステロールの数値を調整する作用があります。マグロ・イワシ・サバ・サンマなどの青魚や、オリーブオイル・シソ油・ゴマ油・グレープシードオイルなど植物油に豊富に含まれています。

不飽和脂肪酸は、「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」という2つの種類に分けることができます。

一価不飽和脂肪酸

飽和脂肪酸の代わりに摂取をすれば、動脈硬化の原因である悪玉コレステロールを減少させる事ができます。しかも善玉コレステロールはそのままにしてくれるので、コレステロール値の安定が図れます。

多価不飽和脂肪酸

青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸のことで、DHAやEPAは多価不飽和脂肪酸の代表的存在です。

この多価不飽和脂肪酸は、「n-6系脂肪酸」と「n-3系脂肪酸」の2種類に分ける事ができます。植物油に含まれている、αリノレン酸は「n-3系脂肪酸」の1種に分類されています。

これはいわゆる「オメガ3脂肪酸」と言われている脂肪酸で、中性脂肪を減少させる作用があり、善玉コレステロールを増やす効果が期待されています。

必須脂肪酸

ちなみに、DHAやEPAは必須脂肪酸だと言われているのですが、「必須」とは一体なんなのかというと、体の中で作る事ができない脂肪酸のことを指します。

体の中で合成して生み出される事がないのですが、元々人間の体には存在しているのがDHAやEPAという不飽和脂肪酸です。しかし、体の中で作る事ができないので、外部から摂取をして体内に取り込まなければいけません。そういった特徴を持つ脂肪酸のことを、必須脂肪酸といいます。

つまり、DHAやEPAは健康維持にとても効果的だと言われているのにも関わらず。体内で作り出す事ができないので、外部から摂取をしてまで補わなければいけないという脂肪酸なのです。

このように脂肪酸にはたくさんの種類がある事が分かりました。基本的には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類となっているのですが、そこからさらに不飽和脂肪酸の中にはオメガ3脂肪酸などの細かい種類の分類がされているのです。ですから、脂肪酸はバランスよく摂取をしていく必要がある事が分かりましたね。