DHAEPAのチカラ

MENU

DHAで頭が良くなる?記憶力や知能指数に対する効果

DHAが日本で有名になったのは、1989年のことでした。

世界的なDHA研究の権威、イギリスのマイケル・クロフォード博士が書いた本の中に、「日本人の子供のIQが高いのは、魚を食べているからでは?」という記述がありました。これを日本人が見つけ出し、日本でもDHAを摂取すれば頭が良くなるという説が、知れ渡っていきました。

実際にDHAは、脳への作用がとても大きく出ており、記憶力をアップさせたり、知能指数をアップさせる事ができるという事が、わかっています。それでは、実際にDHAがどのように記憶力や知能指数に関係しているのか、ご紹介していきたいと思います。

DHAで記憶力アップ効果

DHAは脳に存在している成分なので、記憶力アップにも関係しています。

DHAを摂取すると、まずは脳に取り込まれていきます。脳の入り口というのは、とてもセキュリティが厳しくなっていて、「血液脳関門」という場所で、脳に必要なものと不要なものを分けているのです。

そんな厳しいセキュリティ「血液脳関門」を通過してしまうのが、DHAです。ちなみに同じオメガ3脂肪酸のEPAは、血液脳関門を通過出来ません。脳の中に入り込んだDHAは、細胞膜を柔軟にしてシナプスを活性化させます。すると、脳の伝達性がアップしますので、いわゆる「柔らかい頭」を生み出す事ができるのです。

継続してDHAを摂取すれば、脳が活性化していきますので、記憶力もアップしますし脳全体の機能性も高まっていきます。

ちなみに脳の中で記憶の機能を司っている「海馬」には、DHAが他の部分と比較して、2倍以上存在しているので、記憶力にDHAが大きく関係していることは、一目瞭然なのです。できるだけ積極的にDHAを摂取して、脳を活性化させることは、健康維持にも効果が期待できます。

脳細胞は加齢と共に減少していくのですが、DHAを摂取すると残っている脳細胞を活性化してくれるので、脳機能が低下するのを抑制して、残った脳細胞だけでやっていこうと働いてくれます。ですから、年齢が高くなったからといってDHAを摂取しても意味がないとは思わないでください。何歳になってもDHAを摂取すれば、脳細胞は活性化されます。

DHAで知能指数がアップする

イギリスのルーカス博士が行った実験で、DHAが知能指数をアップさせることもわかっています。

体重が1.5sで生まれてきた未熟児300人を使った実験で、「DHAが豊富な母乳で育てるグループ」と「DHAを含まない粉ミルクで育てるグループ」に分けて、子供が8歳になったときの知能指数を計測してみたのです。

その結果がコチラです。

  • DHA豊富な母乳で育てた子供の知能指数:IQ103.0
  • DHAを含まない粉ミルクで育てた子供の知能指数:IQ92.8

このように、明らかにDHAが含まれた母乳で育った子供のほうが、IQが高かったのです。これはとても興味深い研究結果ですよね。

ちなみに、魚をよく食べる日本人女性の母乳に含まれるDHAの量は、他の国と比較しても群を抜いて高かったというデータもあります。しかし、このデータは昔のものなので、現在では魚を食べる習慣が少なくなってきているので、他の国とも大差はないでしょう。