DHAEPAのチカラ

MENU

精神の安定やうつ病の予防にも期待されている

近年日本では、うつ病をはじめとする精神疾患が増加しています。昔は「ただ、怠けているだけ」というイメージを持たれていたのですが、今となっては誰もがなりうる病気だという事が認知されてきて、うつ病や精神疾患を抱える患者さんも、その事実を隠さずに生きていく事が出来るようになりました。

そんなうつ病に対して、DHAやEPAが効果的だという事が分かっています。

DHAやEPAが、うつ病にどう作用してくれるのか、具体的な実験結果などもチェックしながら、ご紹介していきたいと思います。

DHAとEPAでうつ病を予防

うつ病には、DHAとEPAが効果的だという事が分かっています。実は、魚の消費量が多い国の方が、うつ病になる人が少ないという研究結果もあるくらいなのです。魚には、DHAやEPAが豊富に含まれていますので、やはり大きく関係しているという事が確認できます。

その他にも、うつ病患者さんの症状が強い人ほど、「アラキドン酸偏重」になっていて、鬱症状が軽度な人はEPAの値が高い事も分かっています。

うつ病になると、自殺をしてしまう人が増えるのですが、自殺にもDHAやEPAが関係しています。魚を普段から食べている人というのは、そうでは無い人と比較すると、自殺率が少ないことが明らかになっています。

それでは、どうしてこんなにもDHAやEPAが精神的な部分に関係しているのかというと、脳内のセロトニンの働きと繋がっているからだという事が分かりました。セロトニンというのは、「幸せホルモン」と呼ばれており、精神を安定させる作用を持った物質です。そんなセロトニンの働きを向上させてくれるのが、DHAやEPAなのです。

セロトニンの働きを活発にすれば、精神的に安定してくるので、うつ病を予防することができますし、それに伴う自殺も軽減することができます。その他にも、精神的に不安定な状態に、DHAやEPAが効果的に作用してくれます。

EPA・DHA摂取による中高年者のうつ傾向リスクの低下を確認

DHAやEPAが攻撃性を抑える

今まで生きてきた中で、学校や会社などで「キレやすい人」っていませんでしたか?

キレやすい人というのは、ストレスから心の中に不満が溜まっていき、それを暴力や暴言で発散する人の事をいいます。こういった暴力的で衝動的な行動をする人というのは、血液中のDHAが不足していると言われています。

アメリカのジョセフ・ヒルベン博士が行った調査によれば、『魚を食べない国ほど、殺人が多い』という調査結果がでました。つまり、魚を食べない人は暴力的で衝動的な行動を取りやすいという事なのです。

殺人となれば、魚を食べる食べない以外にも様々な理由があると思います。しかし、その根底には魚を食べなかったことで、DHAやEPAが不足してしまい、精神的に不安定な状態に陥りやすくなってしまったという問題があるのも事実なのです。

DHAを摂取すると、どうして攻撃性が抑制されるのかという、詳しいメカニズムは解明されていません。ただ、うつ病などと同じく、セロトニンへの作用が大きく関わっていると考えられています。

DHAやEPAを摂取することで、精神を安定させて不安感を軽減する効果を得る事ができます。

DHA投与が敵意性におよぼす影響