DHAEPAのチカラ

MENU

オメガ3・オメガ6って何?不飽和脂肪酸の働きについて

青魚などに多く含まれているDHAやEPAは「不飽和脂肪酸」だというお話をしました。とても体に良い影響を与えてくれるのが、不飽和脂肪酸の良い所です。

体の健康をキープする為に必要不可欠な存在となっていますので、ここでその働きや特徴について紹介していきたいと思います。

不飽和脂肪酸の特徴と分類

不飽和脂肪酸というのは、炭素同士に二重結合が含まれる脂肪酸のことを指します。いわゆる「オレイン酸・リノール酸・DHA・EPA」というのが、不飽和脂肪酸の種類です。二重結合が1つなら『一価不飽和脂肪酸』といい、二重結合が複数あれば『多価不飽和脂肪酸』といいます。

この『多価不飽和脂肪酸』は二重結合の位置の違いで、「オメガ3脂肪酸」と「オメガ6脂肪酸」の2つに分類することができます。

飽和脂肪酸の特徴は、低い温度でも溶け出してしまう所にあります。10℃〜20℃でも液体の状態になってしまいます。

不飽和脂肪酸の働き

一価不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減少させる作用があるのですが、善玉コレステロールはしっかりと体内に残しておいてくれます。悪玉コレステロールを減少させるので、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

オリーブオイル・菜種油に豊富に含まれている『オレイン酸』は一価不飽和脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、細胞膜や生理活性物質の材料になっており、体の仕組みに働きかける脂肪酸です。

血液をサラサラにする作用があります。血管をしなやかにするので、血行が促進されて血栓が出来にくい、健康的な血液と血管を作り出してくれます。そのため、心疾患と脳疾患のリスクを軽減させる効果があり、コレステロール値や血圧を低下させる作用もあります。

オメガ3脂肪酸が不足すると、発育不良になったり皮膚炎になったりします。あの『DHAとEPA』はオメガ3脂肪酸の代表的存在です。その他にも、しそ油に含まれる『αリノレン酸』もオメガ3脂肪酸です。

オメガ6脂肪酸

オメガ6脂肪酸は、コレステロール値を低下させる作用があります。しかし摂取しすぎると、善玉コレステロールも減少してしまうので、動脈硬化を引き起こす可能性があります。

つまり、先ほどの「一価不飽和脂肪酸」は、悪玉コレステロールを減らしながら、善玉コレステロールは残してくれる脂肪酸でしたが、オメガ6脂肪酸は悪玉も善玉も減少させてしまう可能性があるという事です。ですから、オメガ6脂肪酸の摂取量には、十分に注意をしていきましょう。

それからオメガ6脂肪酸は、月経や出産に関わっている「イコノサイド」という、生理活性物質を生成する働きもあります。この物質があるからこそ、人間の体の機能は整えられていると考えていいでしょう。ちなみに、オメガ3脂肪酸もまた、別のイコノサイドを作っています。

脂肪酸の適切なバランス

最後に、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸は、バランスよく摂取をする必要があります。

『飽和脂肪酸:一価飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸』の割合は『3:4:3』を心がけると、健康維持に効果的だと考えられています。