DHAEPAのチカラ

MENU

必須脂肪酸の役割と摂取不足のリスク

必須脂肪酸の代表といえば「DHA・EPA」でしょう。これらの脂肪酸は、不飽和脂肪酸のオメガ3脂肪酸に分類されています。人間の体を健康に維持する為に、必要不可欠な脂肪酸です。

しかし、必須脂肪酸というのは、体の中で合成することができません。ですから、元々ある必須脂肪酸が失われていくと、体の中で作り出すことが不可能なので、外から摂取して補うしかありません。

そんな重要な必須脂肪酸が、もしも体内で不足してしまったら、いったい人間はどうなってしまうのでしょうか?気が付かないうちに、必須脂肪酸不足に陥っている可能性もあります。

必須脂肪酸の役目

まずは必須脂肪酸の役目を紹介していきたいと思います。

細胞の機能を正常に保ってくれる役割があり、体の構成成分でもあります。ある特定の部位にあるのではなく、全身に存在しているのが必須脂肪酸の特徴です。血中のコレステロール、中性脂肪を低下させる作用がありますので、生活習慣病を予防する効果も期待できます。

赤ちゃんの発育に重要な母乳の中にも、DHAやEPAは含まれています。つまり、人間が生きていく上で、健康であるために必須脂肪酸は重要だという事ですね。

必須脂肪酸が不足したらどうなる?

大人にも必要なのですが、子供というのは新陳代謝が活発なので、細胞機能を正常に保つために、必須脂肪酸がとっても重要な成分になります。もしも必須脂肪酸が不足したら、エネルギー生産能力が低下してしまいますので、脳の発育が遅れてしまいますし、皮膚や臓器にも障害がでるリスクが高くなります。

他にも、コレステロールの代謝にも関わっていますので、必須脂肪酸が不足してしまったら、高脂血症・高コレステロール血症・動脈硬化のリスクが高くなってしまうでしょう。

さらに、必須脂肪酸が不足すれば、見た目の異変も起こります。皮膚に弾力性がなくなって、湿疹ができることもあります。それから脱毛が目立つようにもなってくるので、本当に様々な部分で悪影響が出てきてしまうのです。

必須脂肪酸不足に気が付かない

実は必須脂肪酸が不足したことに、私たちは気が付きにくいと考えられています。一般的に有名な、ビタミンやミネラルといった栄養成分であれば、積極的に摂取していこうという思いになりますし、不足している事も気づくことができます。

しかし必須脂肪酸に関していえば、不足しないように心がける人というのは、かなり少ないのです。これは、必須脂肪酸に対する知識不足と情報不足が原因だと思われます。まだまだ必須脂肪酸の重要性が、伝わりきっていないということになります。

脂肪酸という名前を聞くと、「脂肪だから太る」というイメージを持っている人もいます。しかし必須脂肪酸と肥満の脂肪は違うという事を、今一度理解してもらいたいと思います。多くの人が必須脂肪酸について知り、それをまた周りの人に教えてあげる事により、間違った脂肪酸の情報ではなく、正しい情報を身に着けてもらえればと思います。