DHAEPAのチカラ

MENU

体内でのDHA&EPAの働きと作用について

DHAとEPAは、とても優れた脂肪酸です。積極的に摂取をすれば、健康維持にも効果的ですから、今多くの人が注目をしています。

ここでは、DHAとEPAを摂取すると、体ではどのような働きをしてくれるのかを、ご紹介していきたいと思います。あなたの体の中で、DHAとEPAは、とても素晴らしい活躍をしている事がわかるでしょう。

DHAの働き

血液サラサラ効果

赤血球や血液中に含まれる成分に柔軟性がなくなっていくと、ドロドロの血液になってしまい、血行が悪くなります。継続的に血液がドロドロのままだと、全身の細胞に必要な栄養や酸素が行き届かなくなるので、体は不調に見舞われます。

DHAは血液中に含まれる成分に、柔軟性を与えてくれるので、血液をサラサラにする効果があります。さらに、コレステロール値が上昇しないように抑制してくれる作用もありますし、中性脂肪を減少する作用もあります。

コレステロールや中性脂肪が血管の壁に溜まってしまうと、動脈硬化になってしまいます。つまりDHAを摂取すれば、効率的に動脈硬化の予防に繋がるというわけです。

脳を活性化させる

人間の脳というのは、140億の神経細胞で出来ています。

神経細胞の中にはDHAが存在しており、DHAは神経細胞の先端にあるシナプスから神経伝達物質のやり取りをして、心身機能のコントロールをしています。かなり重要な役どころにDHAがいるという事です。

35歳を過ぎると、脳の神経細胞は1日10万個というペースで死滅していきます。そして神経細胞の膜の中にいるDHAも加齢によって、どんどん減少していきます。こうなると、情報伝達機能が衰えていきますので、ボケボケしたり、記憶力や思考回路などにトラブルが起きるようになります。

DHAを補う事ができれば、脳の中のDHA量も回復していきますので、脳を活性化させて衰えを抑制することができます。

さらに近年分かってきたのは、脳の働きを活性化させるNGF(神経成長因子)を、増やす働きがDHAにはあるということです。NGFはアルツハイマー型認知症の改善にも効果があると言われているので、DHAがアルツハイマー型認知症の改善や予防に効果的だという事が分かります。

アルツハイマー型認知症とは

EPAの働き

生活習慣病の予防

EPAは血栓が出来ないように予防する効果がありますので、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを軽減する事ができます。血液中にある中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させて、善玉コレステロールを増やす働きもあるので、動脈硬化を予防する事もできます。

それから、EPAは常温では固まりにくい性質なので、血液の粘度を低下させる作用があるので、いわゆるサラサラの血液になる事ができます。この働きに目をつけて、1990年には純度90%のEPAエチルエステルが、高脂血症の医薬品に承認されています。

生活習慣病の予防と改善

アレルギーへの作用

炎症やアレルギーの原因となる「プロスタグランジン」という物質を、EPAは減少させる働きがあります。ですから、花粉症やアトピー、アレルギー症状を緩和させる効果が期待できます。

アレルギー症状の緩和や予防にも効果的