動画配信サービスを徹底比較!各社おすすめの理由を3分で紹介

動画配信サイトの選び方

最近は、VOD(ビデオ・オン・デマンド)で映画やドラマなどが気軽に楽しめるようになりました。以前とは違い、PCやスマホがあれば、外出先でいつでも好きな作品を見る事が出来ます。

ですが、VODのサイトはいろいろあって、どのサイトが良いのか悩むという人も多いと思います。そこで、一体どのサイトが良いのかを選ぶ時の基準をご紹介します。

好きな作品をお得に見るのが、何よりも大切な事です。

月額料金

やはり気になるのは月額料金ですよね。見たい映画やドラマはたくさんあっても、月々の料金が高かったら、やはり躊躇してしまいます。

例えば、amazonプライムですと、月々の料金が408円ですが、U-NEXTだと月々1990円となっています。

まずは、どのサイトだと無理なく利用する事が出来るのか、最初にチェックしておくのが良いでしょう。

ジャンル

そして、料金以上に大切なのが、どのジャンルが見たいかという事ですよね。映画と一言で言っても、洋画や邦画、アニメといろいろありますし、ドラマにしても国内ドラマか海外ドラマなのか、意見が分かれると思います。

例えば、Nextfllxは、月額650円からとお得ですが、このVODは海外ドラマに特化していて、国内のドラマを多く見たいという人には、不向きかもしれません。

そして、U-NEXTは月額1990円ですが、映画やドラマ、アニメに雑誌と、あらゆるジャンルに対応しています。

また、メジャーな作品だけではなく、マイナーな作品をたくさん見たいという時には、ビデオマーケットがおすすめです。月額500円と金額も安く、あまり知られてはいないが、面白い作品を見たいという時などにはお得です。

また、アニメが好きだという時には、月額400円のdアニメストア。スポーツが好きなら、月額2300円のwowwowなど、自分が見たいと思うジャンルに特化したサイトを見るのが、かなりお得です。

あらゆるVODサイトがあって、どのサイトにしようか悩む時には、まずは自分が見たいと思うジャンルに特化したサイトを調べ、無理なく払える月額料金のサイトを探す事が大切です。

中には、ポイントがもらえたりと、お得なサイトもたくさんありますので、あらゆるサイトの条件をよく確認してから加入する事をおすすめします。

いつでも、好きな作品や好きなジャンルを見る事が出来るVODサイトを利用しないというのは、とてももったいない事です。

動画配信サイトの比較とおすすめの理由

Hulu

Huluは、アメリカのロサンゼルスに会社があり、海外のドラマや映画を多く取り扱っています。月額1,007円(税込)で、好きな番組を好きなだけ視聴することができます。

試してみたいという方には、2週間の無料トライアル期間もあります。2週間以内に解約すれば、その後の料金が発生することはありません。

その他にも、Huluは、通信も安定しており、途中で止まってしまうストレスもありません。画質はフルHD(1080p)を採用しておりますので、見劣りすることなく、番組を楽しむことができます。

目当ての動画を探すにも、解りやすいデザインです。しかし、メジャーな映画や番組は取り揃えられていますが、全体的な番組数は、少なく感じられます。

U-NEXT

U-NEXTは、月額2,149円(税込)で、約9万本の動画を見放題できます。無料トライアル期間は31日間で、最新作のドラマや映画の配信も早く、お店でレンタルするよりも早い場合もあります。

最新作は見放題という訳にはいきませんが、レンタル配信という形で、一定期間の間は好きなだけ楽しむことができます。

また、U-NEXTの特徴は、無料トライアル期間であれば600円分、月額会員であれば1,200円分のポイントが毎月支給される点です。最新作の映画は540円~のものがほとんどですので、支給されたポイントを使用して、楽しむことができます。

注意点は、トライアル期間は新作などの人気作品は対象外で、視聴するには、別途料金が必要になります。

dTV

docomoが運営しており、月額540円(税込)で約12万の作品を視聴することができます。国内での動画配信サービスですので、不具合が発生した時でも、迅速に対応してもらえます。

無料期間は31日間で、スマートフォンやipadなどにアプリをインストールすれば、屋外でも動画を楽しむことができます。

dTVの特徴は、動画をダウンロードすることができるという点です。一度ダウンロードしておけば、ネット環境を気にすることなく楽しめます。しかし、dTVは事前に登録された「5台まで」の端末でしか視聴できません。

また、「Chrome」には対応しておりません。パソコンで「Google Chrome」を使用している場合は、注意が必要です。

amazonプライムビデオ

年会費4,900円(税込)、月会費500円(税込)のAmazonプライム会員になることで、利用することができます。30日間の無料トライアル期間も設定されています。

見放題に設定されている動画は少ないですが、100万曲以上の音楽も聴き放題になり、月に1冊Kindle本を無料で読めます。また、会員登録をしなくても、1本100円~レンタルや購入することも可能です。

Amazonで商品をよく購入される方には、「お届け日時指定便」や「お急ぎ便」を無料で何回でも使用することもできます。会員限定の先行タイムセールに参加できるのも、魅力の一つです。

また、その他の動画配信サービスに比べて、値段が圧倒的に安価です。しかし、最新作はほとんどありません。

Netflix

Netflixは、アメリカにある会社で、オリジナル番組が豊富です。料金プランは3つあり、税込み864円、1,296円、1,944円です。それぞれ同時視聴可能台数が、1台、2台、4台と設定されています。

30日間の無料トライアル期間があり、期間終了が迫るとメールでお知らせしてくれます。また、各種サービスやおすすめの動画もお知らせしてくれますので、チェックしていなかった動画を楽しむ良いきっかけになります。

有名なアニメ作品も多く、大人から子どもまで幅広い年齢層が楽しめるのも、魅力の一つです。しかし、通信環境に大きく左右されますので、お出掛け先での視聴は、ストレスに感じてしまうかもしれません。また、日本のバラエティや、ドラマ番組は少ない印象です。

FOD

フジテレビが運営する動画見放題サービスFODは、今現在放送されているフジテレビドラマの見逃し配信や、過去にフジテレビで放送されていたドラマが月額888円で見放題になるサービスです。色々な動画サービスがありますが、FODは特に以下の方におすすめです!

  • 今やっているフジテレビドラマを見逃してしまった
  • 過去にフジテレビで放送されていたドラマを見たい
  • 少女漫を実写化したドラマや映画が好き
  • 雑誌を毎月買っている
  • 漫画をできるだけお得に見たい

FODでは少女漫画を実写化したドラマや漫画を多数取り揃えているので、少女漫画系のキュンキュンした恋愛が好きな方にはおすすめです。

また、ドラマや映画以外にも、対象の雑誌約100誌が見放題です!漫画も対象のものは無料で読むことができます。購入の場合もポイント対象作品であれば、いつでもポイント20%還元ですので、お得に漫画を読むことができます。

しかし、映画に関してはとても作品数が少なく、家のテレビで見る場合もApple TVがないと見ることができないので、映画をメインでたくさん見たい方にはおすすめできません。

Paravi(パラビ)

Paraviは月額925円で見放題になるサービスです。運営は“プレミアム・プラットフォーム・ジャパン”という、TBSやテレビ東京などの6社が共同出資し設立された会社です。それではさっそく、Paraviのおすすめポイントについて書いていきます。

  • TBSドラマが多数見放題
  • テレビ東京の経済番組も取り扱っています
  • 操作方法がとても分かりやすい
  • 家族を7人分まで登録できる

ParaviはHuluやNetflixとページ画面や操作方法が非常に似ているため、既にHuluやNetflixを使ったことがある人にとっては、とても分かりやすくできています。

また、1つのアカウントに7つまでプロフィールを作成することができ、それぞれマイリストや視聴履歴など自分のデータを持つことができます。

DAZN

DAZNは月額1750円で、主にスポーツ関連のコンテンツを見ることができるサービスです。スポーツ関連といっても、サッカー・野球などの有名なスポーツからモータスポーツといったマイナーなスポーツまで幅広い範囲で放送されています。

特に優れた点としては、見逃し配信機能が付いている点です。見逃し配信?ほかの動画サービスでもあるでしょ?と思われるかもしれませんが、実はスポーツのコンテンツでの見逃し配信って今までなかったんです!

試合を見ていて、「今のところ、もう一回みたいな」って思うことありませんか?そんなときDAZNなら見れちゃいます!また試合の大事な部分だけピックアップしてくれる“ハイライト”という機能もとっても嬉しいですよね。スポーツをメインに見たい方は、DAZNがおすすめです!

ビデオパス

ビデオパスはau(KDDI)と沖縄セルラーが運営する動画サービスです。もともとはau回線契約者限定のサービスでしたが、2018年にキャリアフリー化し誰でも登録ができるようになりました。

ビデオパスの最大の特徴は、見放題プランの月額が他の動画サービスと比較してとても安いということです!月額562円で動画を見放題で楽しむことができます。またポイントを使用することによって、毎月1本新作のレンタル(500円の作品の場合)が実質無料になります!

また、ビデオパス会員なら、動画だけでなく、実際に映画館に行った際も割引料金で映画を楽しむことができます。TOHOシネマズでは、毎週月曜日が1100円。ユナイテッドシネマでは、いつでも1400円で映画を鑑賞することができます!

TSUTAYA TV(動画見放題プラン)

TSUTAYA TVは名前の通り、「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)」が運営しているTSUTAYAの動画配信サービスです。料金プランは、通常の見放題プランで月額933円です。

Chromeで再生することができなかったり、レンタル店が運営しているにも関わらず、見放題の動画が少ないといった欠点が目立ちます。

パソコンからだとHDで見ることができないので、綺麗な映像では楽しめません。何か映画がみたいけど、借りに行くのが面倒くさいなーと思っている方にはおすすめです。映画が好きで、とにかくいろんな種類の映画を見たい方にはあまりおすすめできません。

動画配信サイトを利用するメリット、デメリット

最近よく耳にする動画配信サービス「VOD(ビデオオンデマンド)」。VODにはテレビやレンタルと異なる、どんなメリット・デメリットがあるのでしょう。ここでは、それを簡単に説明していきたいと思います。

まずはVODのメリットから。

メリット

VODなら自分の好きなタイミングで好きな番組が楽しめる

テレビの場合は放送時間が決まっているもの。視聴者側が放送時間に合わせる必要があり、放送時間に用事が入って見たい番組を諦めた経験がある人も多いはず。

その点VODなら、自分の見たい番組を自分のタイミングで、好きなときに見ることが可能!放送時間にしばられることなく自由に好きな動画が楽しめます。何といってもこれがVOD最大のメリットですね。

VODなら過去作品だけじゃない!放送中の番組だって楽しめる

自分の好きなタイミングで好きな動画を見る方法には、DVDの購入やレンタルといった選択肢もあります。ですが、そうしたサービスで視聴できるのはDVDやブルーレイになっている作品のみ。

その点…VODなら(多くのサービスで)過去の作品に加え、現在放送中の番組やオリジナル番組の視聴が可能!過去の名作はもちろんのこと旬の最新ドラマやバラエティなども自分の好きな時に自由に楽しめるのです。

VODなら利用もラクチン!

VODは利用方法もとっても便利です。料金体系は、サービスごとに異なるものの定額月額制で見放題が一般的。一定料金を支払ったら、あとは自由に好きなだけ好きな作品を楽しむことができます。

レンタル店でDVDを借りたときのように返却忘れ/延滞料金の心配もなくラクチンです!ただ、そんなVODにもデメリットがないわけではありません。

デメリット

VODは動画を見なくても料金が発生する

VODは基本的に有料サービスです。なかには無料コンテンツを設けているところもありますが、月額料金や年会費などを支払って利用するのが基本。

契約をしたらサービス利用の有無にかかわらず支払いが発生します。つまり、例え動画を1本も見ることがなかったとしても支払い義務が生じるということ。

よって、視聴回数が少ないと支払いが割高になってしまいます。この点がVOD最大のデメリットですね。

VODはサービスによって視聴コンテンツに差がある

またVODと一口に言っても、そこには様々なサービスがあるもの。視聴できる(取り扱われている)コンテンツの種類や吹替の有無などについてはサービス毎に違いがあります。

そのため、契約する際には各サービスをシッカリと比較して、自分に合ったものを見つけることが大切。

この点を頭にいれておかないと…、いざ契約したところ「見たいものがみつからない」、「思うように楽しめない」ということになりかねません。

VODは「ネット環境」や「クレジットカード」が要る

動画配信サービスであるVODは、オンラインのサービス。そのため当然のことながらネット環境が整っていないと利用できません。

スマホでの利用もできるものの、やはりスムーズな視聴のためには自宅のネット回線が必須になってきます。

また、支払方法も限定的で(サービスによって違いはありますが)クレジットカード払いが一般的。

クレジットカードを持っていないと利用が難しいという点も、テレビやレンタルにはないVOD特有のデメリットですね。